洗顔方法は朝と夜の入浴時の2回のみくるくると円を描く!

肌ケアの方法

朝は洗面所で、夜は入浴時に洗顔しています。

どちらも使うのは固形の洗顔石鹸で、ネットでよく泡立ててからクルクルと円を描くように洗います。脂性肌に近い普通肌なので、洗い上がりの肌を触るとキュッっとするくらいサッパリするのが好みです。

ちなみに、最近は泡立ちの良い石鹸も出てきているようですよ。⇒http://www.ka-pat.com/

一番気をつけているのはお湯の温度で、人肌よりは少し低めにします。

温度が高いと乾燥し過ぎてシワっぽくなりますし、冷水では毛穴の汚れが落ちにくくて黒いポツポツができてしまいます。たるみが目立ち始めてから意識しているのは、手を下から上へ動かすことです。

特に意識しているのがすすぎの時

特にすすぐ時は、ぼんやりしていると思い切り両手で目の辺りから頬、顎に向けて動かしてしまいます。それでなくてもハリ不足で重力に逆らえずに落ちてきている頬の肉は押し上げなくてはなりません。

夜の洗顔は入浴時の最後の行程で、これは顔についたシャンプーなども洗い流す意味もあります。すすぎはシャワーを使い、水圧でついでにマッサージをしたり、冷水と温水を交互に浴びるなど、手抜きながらも血行促進に役立ています。

体力と気力がある時はホホバオイルでマッサージしてから入浴することもありますが、せいぜいで10日に1度くらいです。洗顔後のタオルドライはこすらないように注意して、拭き取るとすぐに化粧水をなじませて潤いの蒸発を防ぎます。

この化粧水のタイミングが遅れると肌の調子が悪いので、タオルドライとひと続きの動作で終わらせるのがポイントです。私はズボラで不精なタイプですが洗顔は好きなので、これからも効果的な方法を模索していきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です